ニキビ予防には保湿が欠かせませんが、ノブACアクティブ化粧水は保湿効果に優れているという特徴があります。

保湿効果をうたった化粧水は多いですが、ノブACアクティブ化粧水は他の化粧水とは何が違うのでしょうか。

これについては、ノブACアクティブ化粧水に使われている成分を見てみるとわかるかもしれません。

成分については、商品の外箱に記載されています。

見やすいように書き出してみました。

【成分一覧】
有効成分:サリチル酸、アラントイン、塩酸ピリドキシン
その他の成分:水、エタノール、DPG、ジグリセリン、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、ベタイン、ビタミンE、グリコール酸、dl-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩、グルコシルルチン、リボフラビン、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、BG、EDTA-2Na、ポリオキシエチレンフィトステロール、ラフィノース、水酸化Na、乳酸ナトリウム液、メチルパラベン

調べてみると、この中の「2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液」という成分(別名:リピジュア)に高い保湿効果があると言われているようです。
※リピジュアは、日油株式会社が持つ水溶性ポリマーの商標。

リピジュアは優れた保湿性を示し、水洗い1時間後の乾燥時でも高い保湿力を維持し、その保湿力はヒアルロン酸の約2倍である。塗布後に水洗いしても高い保湿力を保つこの成分はハンドクリームやコンタクトレンズ保存液、シャンプー・リンスなどに使用されている。
(出典:Wikipedia)

つまり、リピジュアを配合したノブACアクティブ化粧水を使うだけでもかなりの保湿効果が得られるということです。

だから、ニキビ予防に優れているというのも納得できるわけです。

>>> ノブACアクティブのお試しセットはこちら








【関連記事】
ノブACアクティブの口コミ!トライアルセットを試してみた!

それなりの年齢に達すると、様々なところの毛穴のブツブツが、すごく気になるものなのですが、ブツブツ状態になる迄には、長い年月がかかっているはずです。

スキンケアというのは、皮膚の一部である表皮とその中を構成する角質層部分に対してしか効果はありませんが、この重要な役割を持つ角質層は、酸素の通過も阻むほど頑強な層になっていると言われています。

「冬の間はお肌が乾燥するので、痒くなってしんどいですね。」という話をされる人が非常に多いですね。だけれど、ここ数年の傾向を見ますと、年がら年中乾燥肌で頭を悩ませているという人が増えていると聞いています。

肌荒れを治すために病院に出向くのは、少し気まずいこともあるでしょうが、「それなりに実施したのに肌荒れが良い方向に向かわない」と言われる方は、すぐ皮膚科に行って治療してもらってください。

敏感肌といいますのは、生まれながらにしてお肌が保有している耐性が不調になり、順調にその役割を果たすことができない状態のことであって、数々の肌トラブルへと発展することが多いですね。

敏感肌のせいで頭を抱えている女性の数はものすごい数にのぼっており、調査専門が20代~40代の女性に向けて遂行した調査をチェックすると、日本人の4割超の人が「前から敏感肌だ」と信じているそうです。

美白を目指して「美白向けの化粧品を肌身離さず持っている。」と言っている人もいるようですが、お肌の受入準備が整備されていない状況だと、多くの場合無駄だと言えます。

「夏になった時のみ美白化粧品を利用する」、「日焼けしてしまった場合に美白化粧品を使用することにしている」。こんな用い方では、シミのケア方法としては十分ではなく、肌内部にあるメラニンというものは、季節は関係なしに活動しているのです。

朝起きた後に利用する洗顔石鹸については、夜と違ってメイクや汚れなどを除去するわけじゃないので、肌に負担がなく、洗浄力も少々強くないタイプがお勧めできます。

スキンケアと申しても、皮膚の一組織である表皮とその中を構成する角質層に対してしか効果をもたらすことはないのですが、この大切な角質層は、空気の通過も阻止するくらい盤石の層になっていると聞いています。

表情筋の他、首または肩から顔の方まで付いている筋肉も存在するわけで、その部分がパワーダウンすると、皮膚を支え続けることが不可能になり、しわへと化すのです。

美白が望みなので「美白に役立つ化粧品を購入している。」と言い放つ人も見受けられますが、肌の受け入れ状態が不十分な状況だとしたら、ほとんどの場合無駄だと言っていいでしょう。

痒い時は、横になっている間でも、ついつい肌を掻きむしることがあるわけです。乾燥肌の人は爪を頻繁に切り、よく考えずに肌を傷つけることがないように意識してください。

ニキビ系のスキンケアは、入念に洗って意味のない皮脂もしくは角質といった汚れを洗い流した後に、十分に保湿するというのが基本中の基本です。これは、身体のどの部分に発症してしまったニキビでありましても一緒です。

肌荒れを元通りにするためには、毎日安定した暮らしを実行することが必要だと思います。そんな中でも食生活を改良することによって、身体内から肌荒れを快復し、美肌を作ることが理想的です。